手機掬い織 玉繭糸袋帯

2019/3/22 11:41 投稿者:  admin558

西陣の手機織帯屋、達野商店の玉繭座繰糸を使用したスクイ織袋帯です。裏地も手織の同生地です。西陣の手織職人の工賃は、技術の割に低賃金で後継者も居ないので、この帯も既に制作終了しています。帯問屋ブランドの名を、織口に入れて出回っていた頃は、小売店価格も結構な値段がしていましたが、帯問屋等も撤退してしまい、残念ながら最終作品です。焼き物の人間国宝、富本憲吉の芙蓉や四弁花の柄です。
 

帯の話 )
太鼓柄の芙蓉
太鼓柄の芙蓉
前(腹)柄の四弁花(あかばな)
前(腹)柄の四弁花(あかばな)