男物 女物 着物は正ヤ


ホームに戻る
着物ブログ
個人情報保護規約
特定商取引の表記
リンク集
お問合せ

男物着物一覧
女物着物一覧





2016/7/23 

織成織(しょくせいおり)の手織八寸帯

西陣織の手機帯で只一人が織っている、織成織(しょくせいおり)の手織八寸帯です。織り上がる反数は年間20本を割りました。綴れ織の一種ですが、緯糸の柄と色が変わる部分は掬い織りです。紋紙使用の手織りですが、織りが複...
詳細はコチラ

2016/7/20   POPLAR

経緯共絹琴糸(生駒)織の八寸帯

西陣織で、只一件の機屋が制作している、紋紙手機織の経緯共絹生駒(琴糸)織八寸帯です。現在では、年配職人が一機で織って、年間十数本しか織れないので超珍品です。織りや染の夏着物に合わせられ、使い勝手良くて締め易く、...
詳細はコチラ

2016/7/20   POPLAR

西陣 琴糸織 八寸帯

絹の琴糸(生駒絹糸)で織った夏用八寸帯です。現行の琴糸帯は、経糸が生成り白色がほとんどですが、別注文には経緯共に色染糸の帯がありました。黄色系は人気でしたが、最後の一本になりました。シンプルな波柄は、お茶席の染...
詳細はコチラ

2016/7/20   POPLAR

琴糸手織8寸帯

西陣織りで、只一件の機屋が製作している、経緯諸琴糸(生駒糸)織の夏八寸名古屋帯です。年配職人が一機で年間十数本しか織れないので貴重な上、幅広い夏着物に合わせられ使い勝手が良く、その上締め易いのでファンの方は数本...
詳細はコチラ

2016/7/20   POPLAR

西陣 手機羅 型染九寸帯

西陣の名門手機帯屋、幸美織物が製作した、手機織の羅帯に、型染した超珍品染9寸名古屋帯です。羅織の生地に後染をすることは、西陣では殆ど出来ません、染後加工後に縮んだ巾を整理する事が、至難の技術だからです。この帯は...
詳細はコチラ

2016/7/17   POPLAR

シナ布男物角帯

自然布の三大古布など呼ばれる、科(榀・シナ)木の繊維で織った角帯です。このシナ糸織は新潟県の山北町で創られていますが、制作は昔の地元の天然技法のままで、生産も極僅かです。樫木の灰での天然灰汁炊きや、米糠でのシナ...
詳細はコチラ

2016/7/14   POPLAR

博多織 創作手機角帯 平・羅織

博多織りの珍品角帯。手機6枚綜絖で、平織りと欺羅織りをミックスした角帯は、オールシーズン使用可能です。個人機屋の試作品で4本織っただけで終わりました。5寸4分巾を半分に折って2寸7分(10cm)で締めます。どこ...
詳細はコチラ

2016/7/14   POPLAR

越後上布の角帯

越後上布の男物角帯です。今まで市場には、経糸にラミー麻糸を使用した古代越後の角帯はありましが、経緯共に苧麻の手績み糸を使用して、いざり機織の2寸5分巾(9.5cm)の角帯は少なかったのです。市場では、芭蕉布や宮...
詳細はコチラ

2016/7/12   POPLAR

博多織 創作柿渋染角帯

博多織の個人機屋の、4枚綜絖の手機で織った角帯です。博多織では滅多に使用されない手紡ぎ糸を柿渋染して、押しを掛け潰した糸で、浮織に織っています。柿渋染は結構厄介で、匂いが取れるまで半年以上干します、抗菌・防虫効...
詳細はコチラ

2016/7/12   POPLAR

越後上布の角帯

重要無形文化財指定に該当する、越後上布の男物角帯です。文化財指定は居座り織が最重要ですが、高機で織った角帯は結構あります。帯の生地も薄めから厚めまであり、古典な織だから同じ物が無いもの手機の良さです。この帯は細...
詳細はコチラ


染織工芸 正ヤ
電話番号:082-209-0017